HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > チーム医療での薬剤師の立場

チーム医療での薬剤師の立場

転職・就職(事前準備)

現在「チーム医療」と言う新しい医療の形に変化したことで「薬剤師」の存在意義は、大きく変わってきました。

「チーム医療での薬剤師の立場」とは「薬の専門家」として、その深い知識や技術を認められ、更に「専門薬剤師」という存在が認知されるようになった事をきっかけに、薬剤師の役割は重要性を増しています。

現在、チーム医療は、薬剤師を含めた医療専門職が参加する事で、以前までの「医師がトップに立つピラミッド型の指示系統」とは違い、お互いの立場や知識を活用する事で意見を交わし、その上で「医師が治療を決定する」と言う形態へと変化しました。
つまり「看護師」や「薬剤師」「理学療法士」等の「専門分野を持つ人材」が対等な立場に立つ事で「1つの症例に向き合う」という形に変化してきたと言う事です。

これからの薬剤師に求められる能力は「プラスα」の能力による「知識や技術の提供」です。
今までのように「調剤・投薬が出来れば良い」と言う事では無く「医師の処方によってどのような効果が得られるか」「投薬後の副作用があるか」「患者様の服薬状況の把握」等、様々な情報を他の医療スタッフに伝えることで「服薬による治療の充実性」が確保できます。
また逆に他の医療スタッフより、患者様の状況を伝えてもらう事で、今後の服薬治療における対応を「薬剤師としての所見」を基に、医師と相談することもできるようになりました。

今後の医療は「医師の指示を待つ」ばかりでは無く、様々な立場からの患者様への「コミュニケーション」を図る事で、それぞれの専門分野からの独自の視点から治療法を提案する事が重要とされてきます。
特に「薬剤師」においては、患者様の「心のケア」における「コミュニケーション能力」は必要不可欠とされていますので「チーム医療」においても、より「人間性」を問われる立場になったとも言えます。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜