HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 転職体験談 > 失敗しないために注意しておきたいこと

失敗しないために注意しておきたいこと

転職体験談

実際に「転職する」となると、失敗を恐れて実行に移せない薬剤師の方も、大勢いらっしゃいます。

ここでは、「転職に失敗しない為のポイント」を幾つかご紹介しておきます。

まずは「転職支援会社」に登録する事です。
特に初めての転職の場合、転職に関する「知識」も「情報」も持ち合わせてはいません。
その為、右往左往するだけで、全く転職活動が進まないケースもありますので、まずは「転職のプロ」である「転職支援会社」に無料で登録してみる事から始めましょう。

次に、担当のコンサルタントに、こまめに連絡を取り、自分の「希望職種」と併せて「現在のライフスタイル」を明確に話したうえで、希望する「給与」や「待遇」等を相談しましょう。
例えば「子供の保育園に近い場所」や、「スキルアップがしたい」「調剤未経験だが、調剤薬局で勤務したい」等、様々な希望が有ると思われます。
これらの条件の基で大切なのは、「仕事は生活の一部である」と言う事です。
無理せず長く勤務する為にも、これらをしっかりと担当のコンサルタントに伝える事で、自分のライフスタイルとマッチした転職先を見つける事が可能です。

狭い薬剤師業界において、今後の仕事に支障が出ない為にも、現職への気配りをしながら、円満退職する事は、大切な事です。
一般的には「1ヶ月前」と言われますが、薬剤師に関しては、人手不足もありますので、退職希望の2~3か月前には申し出をして、後任が見つかるまでは、現職に勤務する覚悟も必要です。
更に、管理薬剤師であれば、引継ぎ事項も多いので、直属の上司に相談した上で、一般薬剤師以上の充分な期間を設ける事が必要です。

転職するのに一番良い時期は、「ボーナス支給後」と言われていて、逆に言えば、このタイミングで、欠員が出やすいと言う事にもります。
「夏のボーナス支給後」であれば、薬剤師は閑散期でもあるので、この時期を狙えば、スムーズな退職が可能だと思われます。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜