HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 転職体験談 > 失敗する人の共通点

失敗する人の共通点

転職体験談

「転職に失敗した」と話す薬剤師は、意外と多く、例えば「残業時間が多い」「人間関係が最悪」「思った仕事と内容が違った」等、理由は様々ではありますが「失敗した薬剤師」の多くには、ある一つの共通点が見えてきます。
それは、どの理由も「転職先による失敗」と言う事です。
では本当に、「失敗した理由」は転職先が悪かった為に起こった事なのでしょうか。

<Aさんの場合>
「転職支援サイト」を利用して転職をしましたが、実際には「自分の思った仕事内容」とは違っていて、どうしても職場に馴染めません。
現在は、再度「転職支援サイト」を利用して、転職先を探しています。
残業も多いので、コンサルタントにある程度の希望を話して、一刻も早く転職したいと思っています。

Aさんの場合、「思った仕事内容と違った」と言う事ですが、なぜきちんと「思った仕事」に就けなかったのでしょうか。
それは「前職で自分が退職したいと思う理由」と「自分が何をしたいのか」がはっきりしていなかったことが原因だと思われます。
転職の際に一番必要な事は、自分を見つめ直し「本当に自分がやりたい事」を再確認することです
その上で、コンサルタントに「自分のやりたい事」を具体的に話す事で、最も適した求人を紹介してくれます。
再度「転職支援サイト」を利用して転職活動をされているようですが、「忙しい」事を理由に、コンサルタントに任せっきりにしている点も、失敗の要因となります。

転職をするのは自分自身です。
確かに、現職を熟しながらの転職活動では、自分に代わってコンサルタントが求人を探してくれる「転職支援サイト」はとても便利と言えます。
しかし、転職を急ぐあまり、コンサルタントとのコミュニケーション不足や、面接の前に「職場見学」をしないと言うのは失敗の要因です。
自分の働く場所ですので、しっかりと職場環境を見極める事で、仕事の内容もきちんと確認が出来るはずです。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜