HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 転職体験談 > 通勤がしんどい

通勤がしんどい

転職体験談

現在、薬剤師は「売り手市場」と言う事もあり、求人数も多く、調剤薬局やドラッグストアに関しては、求人が絶えない状況です。
働き方も、正社員・パート・派遣等、自分の生活スタイルや、状況に合わせた勤務も可能です。

例えば、高齢になった両親との同居の為に、地元に戻る薬剤師も多くいらっしゃいます。
そのような場合、異動や転勤の無、中小の調剤薬局に絞って、求人を探す事も出来ます。

また、女性の場合、結婚までの短期間だけ「派遣」で勤務したい場合や、育児等で、短時間の勤務で働きたいと言う場合にも、「薬剤師国家資格」を有する事で、勤務先を自由に選ぶ事が出来ると言う、利点もあります。

ただ、こういった場合、求人を探す際に、重点を置いてしまうのが「雇用条件」や「給与」等です。
また「交通費支給」「駐車場完備」等の部分は確認していても、実際の通勤距離までを計算している方は少ないようです。

せっかく見つけた勤務先で、「雇用条件」「給与」「環境」共に揃っていたとしても、通勤時間が掛かってしまう場合、多くの方は「通勤がしんどい」と言う理由から、長く続かない方もいらっしゃいます。

仮に「残業時間」が「短い」もしくは「無い」と言った場合でも、通勤時間に1時間以上かかる場合や、電車の乗り換えが多いと言った場合には、続けて行くのはかなり難しいと考えた方が良いでしょう。

育児中の女性の場合には、子供さんの保育園と「逆方向」と言った事で、支障が出てくる事もあります。
実際にあった事例で「派遣で、交通費が全額支給だから」と言う理由で、通勤を新幹線で2駅先の職場にしたため、新幹線の時間に縛られる事になった女性薬剤師もいらっしゃいます。

どんなに条件が良いとしても、まずは通勤時間帯に、同じルートで通勤してみて、シュミレーションする事は、大切な事です。
今後の勤務を継続する為にも「快適な通勤」が出来るかどうかは、転職のポイントとも言えます。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜