HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 人気の高い職種・低い職種

人気の高い職種・低い職種

転職・就職(事前準備)

薬剤師に人気の職種は、男女によって多少異なるようです。
薬剤師の男女比は、男性3割に対して女性は7割と非常に多くなっています。

女性の場合、結婚・出産・育児、または介護の問題もありますので、年齢別で職種や働き方も変わってきます。

女性薬剤師に最も多い、希望条件は、「転職が無い」「結婚・出産後も勤務できる」「短時間勤務」等となっています。
その他にも「通勤時間」や、再就職後の「研修制度」等、女性ならではの、細かい要望もあります。
こういった、「希望条件」に一番近く、人気もある職種とされるのが「調剤薬局」です。
「調剤薬局」であれば、病院勤務のような「当直」もありませんし、パートであればなおさら「短時間労働」「通勤時間」等から、求人を探しやすくなっています。
また「派遣」と言う選択肢もあり、「人間関係」の煩わしさを解消したいと思う女性薬剤師にとっては、適している働き方のようです。

これに対して、男性薬剤師の場合、将来的には結婚して、家族を養う事を考慮した職種とされ、特に「製薬会社」等への就職が多くなっています。
製薬会社の中でも、現在人気が高くなっている職種に「MR(医療情報担当者)」と言う職種があります。
薬剤師資格の有無にかかわらず、就職する事が可能な職種ではありますが、「薬に関する知識」を有する事で、有利な条件となり、昇給や「エリアマネージャー」へのキャリアアップ等、男性にとって魅力的な要素が多い職種と言えます。

男女ともに、人気の低い職種には「ドラッグストア」が挙げられます。
ドラッグストアは、薬剤師業務以外の、品出し、接客・レジ打ち等の業務もある事から、敬遠されがちです。しかし転職の難易度は低く、場合によっては「店長」や「エリアマネージャー」への昇格もあり、年収においては、800万円程度と、決して悪い条件ではないと思われます。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜