HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師で年収800万以上稼ぐ方法

薬剤師で年収800万以上稼ぐ方法

転職・就職(事前準備)

薬剤師の年収は平均530万円で、業種にもよりますが、初任給で350万円程度~400万円程度と、かなり安定した数字で始まり、30代で500万円程度、40~50代のピーク時で、約700万~750万円と、一般的にはかなりの高収入と思われます。

これに対してサラリーマンの平均年収は414万円で、最低の20代スタートラインで250万円~、30代で400万円~、40代で500万円~、50代で600万円以上とされていますので、やはり「薬剤師」は高収入と言えるでしょう。

しかしながら、薬剤師にとって、国家資格を受験して薬剤師免許を取得するまでの費用を考慮すると「割に合わない」と言う事になり、結果「年収が少ない」と言う結論に達するようです。

さて「年収800万円以上」を稼ぐ事の出来る仕事は、通常でもかなり難しいと思われます。
ただ「薬剤師」と言う国家資格はやはり優遇される為、全く無いわけではありません。

一つには「ドラッグストア」が挙げられます。
現在、医薬品を取り扱う業種は、法律により「1事業所につき一人」管理薬剤師を置かなければいけないと定められています。
その為、調剤を行わない「ドラッグストア」であって「管理薬剤師」として薬剤師を雇わなくてはいけません。
そこで、薬剤師の離職防止のためにも「店長」を兼任させる店舗が多く見られるようになりました。
ただし店長就任の際には原則「登録販売者」という資格も取得する事になっています。

年収は800万円以上が期待されます。
また、その後エリアマネージャー等に昇進すれば、1000万円以上も可能となります。
店長になる事で年収は上がりますが、ただしその分責任重くなりますので、中にはストレスを抱え込んでしまう薬剤師もいらっしゃいます。

また「認定薬剤師」や「専門薬剤師」の資格を取得する事で、より専門性を兼ね備えた薬剤師として、年収アップが見込まれます。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜