HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師で年収500万以上稼ぐ方法

薬剤師で年収500万以上稼ぐ方法

転職・就職(事前準備)

薬剤師の平均年収は、510万円と言われています。
しかしこれは、薬剤師全体も数から算出した計算ですので、一番多いと言われている調剤薬局や、病院勤務ですと、もう少し少ないかもしれません。
企業努めるMR等は、頑張り次第では1000万円超える場合もありますので、その開きは大きいものとなっています。
とは言うものの「年収50万円以上稼ぐ」と言う事は、調剤薬局に勤務していても、決して難しい事ではありません。

年代別で見て行きますと、人数としても特に多い30代の前半で約480万円、後半で約600万円。40代では約680万円となります。
また50代では逆に開きがでて最低で400万円、最高は850万円と勤続年数を重ねる事で、年収もアップしていくのです。

ただ50代の年収の開きに関しては、MRなどから「体力的にきつくなった」等の理由で、薬局への転職者も多く、そういった方の場合、最低ラインの400万円~となります。
逆に800万円付近の場合は「同じ職場で長く勤務する事」で、年収もそれなりに上がると言う事を意味しています。
また、ある程度の年齢になった事をきっかけに、自分で「薬局開業」をする方も増えますので、そのような場合は、1000万円を超える等、50代の場合は、働き方、勤務年数で大きな開きが生じるようです。

「国家資格」を持つ「薬剤師」は、初任給の良さに比べると昇給率は悪いと言えます。
その為、より良い条件の勤務先へ転職する事も一つの方法です。
ただこれも、最高でも3回程度に収める事が無難です。
転職が多ければ多い程、また年齢が上がるにつれて、転職そのものが難しくなり、最終的な年収が減少していく事に繋がります。

「年収500万円以上」を稼ぎたいのであれば「同じ職場で長く働く事」に加え「管理薬剤師」や「薬局長」を目標とする事で、管理職手当が付きます。
そして何より「職場に利益をもたらす薬剤師」となり、報酬へと還元してもらう為にも、スキルを上げる事が重要と言えるでしょう。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜