HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > ママ薬剤師 > 主婦薬剤師「130万円以内勤務」の意味は?

主婦薬剤師「130万円以内勤務」の意味は?

ママ薬剤師

給与所得が「130万円以内」で働く大きなポイントは3つ挙げられます。

まず一つ目は、「夫が配偶者特別控除を受けることができる」という点です。
ただし「配偶者特別控除」を受けられるのは、配偶者の年収が「1000万円以下」に限られていますのでその点を良く確認しておきましょう。

二つ目のポイントは、103万円以内の時に比べると支払う税金は確実に増えます。
しかし、支払う税金に対して収入が増えているので確実に手取りの金額はあがります。

三つ目のポイントは、年収が130万円を超えると「社会保険料が自己負担」になりますので、130万円を超えないように上手に時間を調整して収入を130万円以内に留めておく必要があります。

103万円以下の場合、配偶者が所得税38万円・住民税33万円の「配偶者控除」を受けられましたが、103万円を超える事で年収に応じて「配偶者特別控除」に代わります。
「配偶者特別控除」とは年収額に応じて段階的に控除額が変動する仕組みの事です。

ここまで聞くと、103万円以内の時に比べて130万円以内の場合、控除額が減るので夫の「課税対象額」が増えることになりますから「損をするのでは無いかと」心配されるかもしれませんが、それは心配いりません。
また、年収103万円以内の場合に比べると、自分自身が働いた分の所得税が増え、配偶者の控除額が減る分支払う税金は増えてしまう訳ですが、収入そのものが増えるために手取り金額自体は増える事になりますので、そこが大きな違いを生み出します。

年収が130万円以内であれば今まで通り配偶者の扶養に入っていられますので、社会保険料(健康保険料、厚生年金保険料など)等を自己負担する必要はありません。これを超えないよう十分配慮して働く事を心掛けましょう。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜