HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > ママ薬剤師 > 「103万円以内勤務」の意味は?

「103万円以内勤務」の意味は?

ママ薬剤師

年間の「給与所得103万円以内」というものには、大きなポイントが二つあります。
一つ目は「自分自身が所得税の控除を受けられる」という事と、二つ目は「所得税38万円・住民税33万円の配偶者控除を受けられる」という事です。

「税金」と言う面で考えた場合、103万円以内に年収を収める事が、一番お得な方法と言う事になります。
「所得税」における「課税対象」とは「収入-65万円(給与所得控除)-38万円(基礎控除)」となりますので、つまり年収が103万円の場合は、所得税がかからないと言う事になるのです。

その他、地域によって差はありますが、年収による「住民税の控除」がされる地域もあり、約90万円~100万円以下が条件となっている所が殆どですので、自分の地域に付いてはどうなのかを良く確認しておくと良いでしょう。

また、年収が103万円以下の場合であれば、配偶者は「所得税38万円・住民税33万円」の基礎控除を受ける事が可能です。
これは「この金額分税金が安くなる」という事では無く、「課税対象となる金額からこの額が減額される」と言う事ですので、そこは良く理解しておく必要があります。

配偶者の勤務先によっては、「配偶者手当」が支給されている場合に、基準を「103万円」としている所が多いようです。
そのため仮に配偶者手当が月に5000円支給されていれば「年間で6万円」、1万円支給されていれば「年間で12万円」もの収入が入ってくることになりますので、よく確認をして自分が損をしないように勤務時間を調整する事も上手な働き方の一つです。

せっかく働いても、働きすぎてしまってもらえるはずのお金や控除されるべきお金を計算したら、最終的にマイナスになってしまっては意味が有りません。
特にママさん薬剤師は時間をやりくりして働くわけですから、上手に時間を調整できるよう働く事もママさん薬剤師を続けて行く為の大きなポイントとなります。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜