HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > ママ薬剤師 > ママ薬剤師が正社員として働くために必要な事

ママ薬剤師が正社員として働くために必要な事

ママ薬剤師
保母さんと子供

「ママ薬剤師」が「正社員」として働く為に、まず浮かぶのが「子供の預け先」です。
特に「正社員」での再就職を望む場合、勤務時間も長くなりますので、子供の預け先は必須事項です。

現在「保育所」等の保育施設では、待機児童の数が多く、すぐに入所できない事が殆どですが、薬剤師求人の中には「保育施設有り」と言う職場もあります。
保育施設が完備されている職場が多いのは「病院」です。
基本的には、遅番や夜勤のシフトがある看護師の為に併設されていましたが、病院で働く職員であれば薬剤師も利用が可能です。
まずは、求人で「保育施設有り」の職場を探してみましょう。

また「時短勤務」と言う働き方もあります。
子供さんがまだ小さいうちは、長く勤務出来ない方もいらっしゃいます。
これも職場によって違いが有りますが、この制度が適用されている職場であれば、給与は多少減額されるかもしれませんが、福利厚生の利用や賞与が有る点を考慮すると、こういった働き方も視野に入れてみる事が必要です。

また、職場環境にも大きく左右されるのが「ママ薬剤師」の悩みでもあります。
「子供の病気で急な休みを取りたい」「子供の行事で休みが欲しい」と言う場合、職場の理解が必要となります。
既に「ママ薬剤師」が勤務している職場であれば、受け入れ態勢も整っていますし、「先輩ママ薬剤師」としてサポートしてくれる場合もあります。

こう言った条件で仕事を探す場合「就職支援サービス」を利用する事で、求人数も多くなりますので、就職先の幅が広がります。

また「ママ薬剤師」が「正社員」として働く為には、家族、特に夫のサポートが重要な役割を果たしてきます。
再就職の際には、夫や家族・職場の理解を得る事で、ずっと働きやすい環境にする事が可能です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜