HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > ママ薬剤師 > 主婦薬剤師の転職先はやっぱり「残業なしの職場」がベスト

主婦薬剤師の転職先はやっぱり「残業なしの職場」がベスト

ママ薬剤師

女性薬剤師の再就職に際しては「出来れば残業無し」と考えている場合が多い物です。
ブランクの有る薬剤師は特に、育児や介護の都合上、どうしても時間の無理は出来ないと言う人が殆どです。

「女性の職場だから残業は無い」と思う方もいらっしゃいますが、実際は勤務先や職種によって異なります。

残業無しで働ける勤務先に「調剤薬局」「ドラッグストア」等があります。
調剤薬局の場合、近隣の病院が終了する時間帯には仕事もほぼ終わりますので、人が足りていれば大抵は残業無しで勤務可能です。
また、ドラッグストアに関しても、シフト制なので決められた時間内の勤務になります。

逆に「病院薬剤師」は、夜勤がある事もありますし、企業の「CRO」に関しては、外勤がある事と、薬事申請の多い時期に関しては、多忙なため、暗黙の了解で残業せざるを得なくなります。
しかし、企業であっても、薬事管理や品質管理のような「ルーティンワーク」が中心の職場であれば、残業は、ほぼ無いと思ってよいでしょう。

残業が無い職場を探すのであれば「就職支援サービス」を利用する事で、条件の合った求人を探す事が可能です。

「残業が無い」と言う職場はとても魅力的です。
その為、希望者も多いと言う事は覚えておきましょう。

そういった求人の採用試験では、ライバルが多い分、自分をアピールする必要があります。

絶対にダメなパターンは「残業が無いので」と言う志望動機です。
出来るだけ、仕事に対して「一生懸命仕事します」と言う事をアピールする事で採用担当者にも良い印象を与えることが出来ます。

「残業無し」と言うのは、薬剤師だけでは無く、他業種でも人気の条件なので、マメに求人を探し、面接では前向きで「一生懸命、真面目にやる」と言う事を常にアピールする事で、競争率の高い「残業無し」の職場に再就職も可能となります。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜