HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > ママ薬剤師 > ママ薬剤師の悩み「子供が病気になった時みんなどうしてる?」

ママ薬剤師の悩み「子供が病気になった時みんなどうしてる?」

ママ薬剤師

「子供が病気になった時」を心配するのは、ママ薬剤師ばかりではありません。
他業種で働くママさん方も、この悩みは多く、永遠の悩みなのかもしれません。

子どもが病気になった時の薬剤師さんは

殆どのママさんが心配なさっているのは「子供が病気になった時」の預け先や、急な幼稚園や保育園からのお迎えだと思います。

多くの働くママさんは「実家の両親に頼む」が一番多いようです。
次いで、実家が遠い場合や両親が既に他界している等の場合は「病児保育」に預ける、又は「仕事を休む」となっています。

多くの(薬剤師を含め女性の働く)職場では、必ずこの問題にぶち当たります。
特に、独身の女性薬剤師が多い、男性薬剤師が上司等の職場では、あまり歓迎されない職場もあります。

理由としては「誰か休みの人を探して補充しなければならない」「シフト変わっても謝罪も感謝もない」「子供の早退で急に仕事抜けられる」「穴埋めをしなければならない」等です。

「子どもの病気」を理解してくれる職場は?

託児所に赤ちゃんを預ける女性薬剤師

理解してくれる職場の多くは「既婚・子持ち女性が多い職場」です。
そう言った経験のある、先輩薬剤師が多い職場では、お互いにフォローもしてくれますし、
既に上司や、他の薬剤師もその状況に慣れているので心配ないようです。

また、その際に再就職や転職を希望しているのであれば、まずは「子供が病気になった時」に休む事が出来るかどうかを事前に確認する必要があります。

更に正社員での勤務だと、必ず定時出勤の残業ありと言う場合が殆どですので、条件も厳しくなります。
「ママ薬剤師」の場合出来れば「正社員」のように長時間の労働では無く「パート薬剤師」で働く方が融通も利きやすく、働きやすい条件になります。

また、忘れてはいけない事は、職場の同僚・先輩方また、上司に対して、子供さんの病気が良くなって職場に戻る事が出来たら、必ず「休んだ事への謝罪」及び「感謝」は必要であり、社会人の、働くママにとっても最低限のマナーとルールです。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜