HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > ママ薬剤師 > ママ薬剤師におすすめの職種

ママ薬剤師におすすめの職種

ママ薬剤師

ママ薬剤師の方の中には「子供がいるから再就職は無理」と思う方が多いと思います。
実際に、子供さんを抱えている女性の時間は、子供さんが学校や保育園・幼稚園に行っている間に限定されてしまいます。
また、急な病気でお休みする事もありますし学校行事等でのお休みも年に数回は必ずあります。
つい「働きたいけどやはり無理かな」と再就職に消極的になりがちですが、職場選びや働き方で充分カバーできます。

特にお勧めの職場・働き方としては「調剤薬局」の「パート薬剤師」です。
現在「医薬分業」で調剤薬局の数は増える一方、対する薬剤師の数は不足しています。
求人も「ブランク有り・未経験者募集」と言うものも多く、現時点でママ薬剤師は、調剤薬局で最も多く働いています。

こう言った「ママ薬剤師」の働き方は「時間に余裕を持って働く」と言う方が殆どです。
「働く」ことで「家庭が疎か」になる事や、「育児に支障がでる」と言った状態では、なぜ働いているのが判らなくなり、最終的には辞める事になりかねません。

せっかく「薬剤師」の資格を持っているのであれば、その知識と技術を生かす事で、自分にも自信が出ますし、働く姿を子供さんに見せる事は、良い教育にも繋がります。

「調剤薬局」の場合、近隣の病院が空いている時間、特に朝10時ころから夕方4時ぐらいまでが一番患者様が多い時間帯で、忙しい時間帯でもあります。
ですから、パート薬剤師を雇う事で薬局側もうまく「カバー」出来る状況なのです。
多くのパート薬剤師を雇用する事で、「時間」や「休日の融通」も利きやすくなり、ママ薬剤師の「短時間労働」には適しています。
現在既に「現役ママ薬剤師」が働いている、また既に子供さんが大きくなられた方もいます。
その為「ママ薬剤師」への理解もありますので、働きやすいと言う点でやはり「調剤薬局」は、ママ薬剤師にとっては有利且つ「働きやすい職場」であると言えます。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜