HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > ママ薬剤師 > 土日祝日休みの職場

土日祝日休みの職場

ママ薬剤師

夫や子どもの休日に合わせて休みたい!

薬剤師」として働くと言う場合、医療の現場で働くわけですから、直接患者様の命を預かっているのと同じです。
ですから、そう簡単に自分の都合で急に休むと言う事は出来ません。
「ママ薬剤師」の多くは「出来れば、夫や子供の休日に合わせて休みがとりたい」と思うものです。

「土日祝日休みの職場」を探すにあたって、どのように的を絞って、求人を探したら良いのでしょうか。

「土日・祝日」が休みになりやすい職場、なりにくい職場

「土日祝日休みの職場」としては、公務員として勤務可能な職場があげられます。
「調剤」とはかけ離れてしまいますが「保険所」や「官公庁関連」の職場等は、基本的には「地方公務員」に該当するにで、「土日祝日休み」と言う所が多いです。
また、夏や冬の長期休暇もありますので、ママ薬剤師にとっては都合の良い職場です。
ただ、離職率が少ないので、求人は少ないようです。

「総合病院の門前薬局」等も「土日祝日休み」とされるところが多いです。
門前薬局の場合、病院の休日に合わせて定休日にする所が多いので、病院が休みになる「土日・祝日」は基本的にお休みとなります。

企業薬剤師の場合、企業として動いているので「週休二日・土日祝日休み」と言う所が殆どです。
企業の薬剤師の場合、薬品の品質管理等の管理業務や、・臨床開発モニター(CRA)、治験コーディネーター(CRC)が挙げられます。
こちらも調剤とは離れてしまいますが、薬剤師だからこそ就職できる仕事になります。

逆に「ベッド数の多い病院」の薬剤師や、「ドラッグストア」の薬剤師となると、土日祝日はシフト制で勤務しなければならない事が殆どです。

視野を広げると希望条件の求人がみつかる可能性も

「正社員」で就職をした際、自分の思い通りの休み(特に土日祝日)と言うのは難しい物ですが「派遣社員」や「パート従業員」の枠まで広げてみた場合、自分の条件と合う職場も見つかり易いので、一度「就職支援サービス」のコンサルタントに相談してみるのも良いでしょう。

>>オススメの就職サイトはこちら

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜