HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > ママ薬剤師 > 主婦薬剤師が扶養外で働くなら年収いくらまでがお得?

主婦薬剤師が扶養外で働くなら年収いくらまでがお得?

ママ薬剤師

一般的に、年収103万円以内の扶養内で働く、もしくは「配偶者特別控除」が受けられる年収130万円以下で働くという場合が多いです。しかし「それ以上に働きたい」と言う場合、130万円以上だと健康保険の扶養も外れなくてはならないので、自身で別に健康保険料を払わなくてはなりません。
その他、年金の保険料を払わなくてはいけなくなり、その額を負担するとなると140万円や150万円の年収では130万円以内で働いていた時よりも世帯の手取り収入は減ってしまうか、もしくは変わらないということになってしまいます。

では、全体の収入を増やす事が出きる金額はいくらからとなるのでしょうか。

概ね「年収160万円以上」であれば手取り収入も増え、更に勤務先で「厚生年金」に加入できるという事であれば、将来的にはもらえる年金の額も増えます。
ただ、これだけの年収を得るという場合は、パートでは無く「正社員」として勤務しないと難しいと言えるでしょう。

ただ正社員として勤務した場合、配偶者の所得にもよりますが年収160万円~180万円(総支給額)以上稼いでいれば、世帯全体で捉えた場合の手取り収入は確実に増える事になります。

年収160万円を超えるのであれば「正社員」で勤務した方がお得であるというのかには、理由があります。

本来パートであっても、勤務時間や日数に応じて「社会保険」に加入させる義務が有るのですが、残念ながら現実問題としては、加入させていない雇用主も多くあります。

扶養から外れた場合「国民年金・国民健康保険」に加入した場合、これらの保険料や市民税(住民税)所得税はご自身で支払わなければなりません。
国民健康保険料(+40歳以上であれば介護保険料)と市民税(住民税)に関しては、住んでいる市区町村によっても違いますのでよく確認しておきましょう。

これらの「支払い・待遇」を考慮すると、正社員で勤務する事がお得という事になります。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜