HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > ママ薬剤師 > 「主婦薬剤師が扶養内で働く」ということ

「主婦薬剤師が扶養内で働く」ということ

ママ薬剤師

「出来れば扶養内で働きたい」と思う方は多いはずです。
扶養範囲の金額は、年間で103万円です。
この範囲内であれば「配偶者控除」「所得税・住民税の免除」「源泉徴収の対象外」となりますからかなり「お得に働く」事が可能です。

「調剤薬局」「ドラッグストア」「病院」で働く薬剤師の時給は、平均して1800円とされています。
ただこれはあくまでも平均なので、その職場や、地域によっても異なります。
東京などの都市部では「時給2000円以下」と言う所は稀で、その時給によって就業日数を調節する事も必要です。

まず、扶養の範囲内で働きたいと言う場合「正社員」では無く「パート」として勤務する事が必要です。
パートであれば時給に合わせて、勤務時間や休日日数を調整する事が可能です。
職場によっては、この「扶養の範囲内」で働く事を前提として勤務日数や休日日数を最初から指定されている場合もあります。

時給2000円の場合、年間103万円以下で働く為には、月20日間の勤務で「1日3時間以内・週5日」となります。
これはおよその計算ですので、実際にはもう少し日数を減らして、週3日と言う方が多いようです。

この日数で働く為に求人を探す留意点は「薬剤師の数が多い」職場を探す事です。
少ない人数の場合、勤務時間や日数がオーバーしてしまう可能性があります。
ただ、自分でこれらの求人を探すと言うのは、難しいので、「就職支援サービス」等を利用して、自分の条件をきちんとお話しして、コンサルタントにそれに見合った求人を紹介してもらう方が、時間の節約にもなりますし、求人の幅がずっと広がります。
また「扶養の範囲内で働く薬剤師」が多くいる職場であれば、既に可能な訳ですから、そういった職場を重点的に探してみましょう。
これら点で考えた場合、大手の「調剤薬局」や「ドラッグストア」であればパート勤務の需要が多いので「扶養の範囲内」で働く事が可能です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜