HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > ママ薬剤師 > 主婦薬剤師が仕事を続けるには重要!「通勤が楽な職場」

主婦薬剤師が仕事を続けるには重要!「通勤が楽な職場」

ママ薬剤師

せっかく「薬剤師」として再就職が出来たのですから、出来れば継続して同じ職場で働きたいと思うのが当たり前です。
しかし、何らかのトラブルで、その職場を辞めてしまう「薬剤師」も少なくありません。
「人間関係」で悩むケースや「給与が最初の条件と違う」「休みがとりづらい」「残業が多い」等、理由は様々です。
この様な場合は、最初にあらかじめ良く確認していても、実際の職場に入ってみて初めてわかるケースもあります。

しかし「自分で事前に調査する」事で解決できる事もあります。
「給与」「休日」「職場環境」の全てが自分の条件に合致している場合「この条件であれば多少遠くてもなんとかなる」と思い、就職してしまう方もいらっしゃいますが、この「通勤」に関しては、薬剤師に限らず他の職種でも、求人を探す上で最も大切な条件の一つなのです。

「通勤に時間が掛かる」となると、時間的にも余裕がなくなりますので、最終的には辞めざるを得ない状況に追い込まれることは良くある事です。
また、距離が近くても場所によっては「電車やバスの乗り換えが面倒」「車通勤が出来ない」「子供の保育園と逆方向」等、実際にやってみると「思ったよりも大変だった」と言う方が以外にも多いようです。

求人を探す際に、多くの薬剤師は「職場環境」や「給与」「勤務時間」「休日日数」等を重視して探す場合が殆どですが「通勤が楽」であるかどうかは、以外にも重要な要素の一つなのです。

実際に自分で「通勤が楽に出来る範囲」はどこまでなのかを良くシュミレーションした上で「通勤エリア」を指定する事も大切です。

「就職支援サービス」等を利用する場合も、コンサルタントに自分の通勤できる範囲をきちんと話したうえで「求人のエリア」を絞ってもらいましょう。
更に、面接を受ける前の下調べの際には、実際の通勤時間と通勤方法で職場まで「行ってみる」と言う事も大切です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜