HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > ママ薬剤師 > 育児休暇制度がある職場

育児休暇制度がある職場

ママ薬剤師

薬剤師だけでは無く、働く女性にとって「育児休暇制度」は重要な問題とされています。

2010年に「育児・介護休業法」の内容が一部変更された事によって、男女共に「育児休業の取得」や、育児中の「短時間勤務」が可能となりました。
また、子供の病気での休みに関しては「介護休業」とされ「有給制度」とは別の扱いになります。
しかし、実際は、「出産・育児」を期に、退職をせざるを得ない職場もあります。

良く「育休」と「産休」を混同されがちですが、「産休」(生後8週間まで)は、「誰にでも認められた権利」である一方、「育休(育児休暇)」(生後1年まで)の取得に関しては、一定の条件が必要とされます。
定められた条件は「1年以上、間をおかずに雇用されていた者」「子どもが1歳に到達する日を超えて引き続き雇用されることが見込まれる者」「育児休暇終了後、最低1年は勤務することが見込まれる者」とされています。
その為、転職して半年程度では「育児休暇」を取得出来ない事を覚えておきましょう。

最も「育児休暇」が取得しやすい職場の一つに、「国公立病院」や「行政機関」等の「公務員」があります。
法律で定められているよりも長く「育休」の取得が可能な場合や、産後の復帰も保証されていると言う点で、安定した職場と言えるでしょう。

また、過去の実績として「育休を取得した薬剤師がいるかどうか」という点は、必ず確認しておくべきです。
そういった職場であれば、現時点で「出産・育児」を経験している女性薬剤師も、多く在籍している筈ですので、育休の取得だけでは無く、無理なく復帰できる環境の目安にもなります。

更にチェーン展開をしている「大手の調剤薬局」等では、周囲のスタッフの理解も得られやすく、「結婚・出産・育児」等による移動にも、協力的な場合もあります。

もし「育休」に関する不安が有る場合は、「転職支援会社」等のコンサルタントに相談してみる事をお勧めします。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜