HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > ママ薬剤師 > 仕事と子育てを両立させるコツ

仕事と子育てを両立させるコツ

ママ薬剤師

女性の再就職で、一番悩む事は「仕事と子育ての両立」です。
せっかく「薬剤師」としてやりがいある職場へ復帰したのであれば、出来るだけ悩みは少なくして勤務に集中したいものです。
しかし実際の所「今日の夕食はどうしよう」「子供のお迎えの時間間に合うだろうか」等、主婦として、親としての心配は常に有るのが本音です。

「仕事と子育てを両立させるコツ」は「働く環境」にあります。
「子供が熱を出した」と言えば、仕事を休まなくてはなりません。
また急なお迎えの場合や、学校や保育園・幼稚園等の行事で休みをもらう事もしばしばあります。
「ママ薬剤師」であれば誰もが通る道です。
これらは働き方の「コツ」を知れば大半は解決する事が可能です。

まずは、「周りのサポート」は重要です。
「時間に余裕のある働き方」をする為には、最初に再就職をする際に、必ず家庭で話し合い「役割分担」を決める事も必要です。
夫の協力と理解を得る事で、それだけ時間と気持ちの余裕が出来ます。
余裕が出来れば仕事への集中具合も変わってきます。
「子育て」をしている時点で「子供に掛かる時間と手間」はまず最優先になります。
その為にも「周りの協力」特に「夫の協力」は最低限必要となります。

次に「現職にママ薬剤師がいる」「育児を終えた主婦薬剤師がいる」等、育児に理解を示してくれる薬剤師が多く働く環境が必要です。
やはり「職場の育児への理解」が有ると無いとでは、かなり変わってきます。

「ブランク有り・未経験者歓迎」と言う求人は「ブランク=妊娠・出産・育児」と想定している職場が殆どですので、安心して働ける目安にもなります。
面接の際に「現職のママ薬剤師がどれくらいいるのか」「時間・日数・急な休みへの対応」等、心配な事は必ず質問しておきましょう。

環境が整えば、子育てとの両立を難しく考える事無く、安心して働く事が出来るのです。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜