HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 給料をあげるためにできること

給料をあげるためにできること

転職・就職(事前準備)

「給料を上げたい」と思って転職する場合、一番確実な方法として「地方の薬局で働く」と言う選択肢があります。
薬剤師の年収は「500万円程度」が相場ですが、地方の場合、深刻な薬剤師不足の為、新卒の薬剤師であっても「初任給年収600万」「住宅費免除」等の求人が当たり前のように見つけられます。
ただ、地方であっても例外もあります。
大手の調剤薬局の場合、異動や転勤で地方へ行ったとしても、全国一律で給与体系は決まっていますので、どこで勤務しても役職が上がらない限り昇給は出来ない事を覚えておきましょう。

しかし、都市部で仕事がしたいのであれば、ある程度自分が「高額な給与に見合った人物」であるかどうかを、客観的に判断する必要があります。

求人側が望んでいる人材は「会社に利益を出せる人材」ですので、「薬剤師資格」「管理薬剤師経験」「調剤業務経験」だけでは、給与を上げるのは非常に難しいと思うべきでしょう。
例えば「老人施設の営業で月の処方せん枚数を激増させた」「地域セミナーを開き、信頼を獲得して処方せんを増やした」等の実績があれば、有利である事は間違いありません。
必要な事は「採用したい」と思われる人物であるかどうかを、今一度自分で再確認してみる事が、転職で給与をあげる為には非常に重要な事なのです。

薬剤師だけでは無く、どの職業にも言えることですが、「転職で年収アップ」等の求人広告には、必ず「マイナスの理由」が存在します。
大抵、こういった職場は「残業が多い」「休みが無い」「職場環境が悪い」等、様々な理由が存在する為、離職率が高いのが特徴ですので、高額な給与を提示している事が殆どです。

転職の際には「高額年収」だけで求人を探すのはとても危険です。
まずは、自らの力や、アピールできる点を、過去にさかのぼって思い出し、少しでも利益をもたらす事が出きる実績を持つ事が、転職で「給与を上げるコツ」と言えるでしょう。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜