HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師が身に付けるべき一番の技術

薬剤師が身に付けるべき一番の技術

転職・就職(事前準備)

これからの「薬剤師が身に付けるべき一番の技術」それは「患者様との信頼関係を築く事」つまり「コミュニケーション能力」にあります。

「薬剤師」の大切な業務は「ミスの無い正確な処方」と患者様への「的確な情報提供」そして、安全に服薬する為の「服薬指導」にあります。
しかしこれらは、患者様本人が納得をした上で、きちんと「服薬」してくれなければ意味の無い事です。
患者様にきちんと「納得」して頂いた上で、適切な「服薬指導」のもと「服用」して頂く事で、初めて「治療の効果」を発揮できるのです。

「接遇」と言う言葉がありますが、これは「思いやりのある心」で接し「患者様の気持ち」になって対応する事です。

「思いやりの心」の表現方法は人によって様々ですが、まずは患者様に対して「この薬局を選び、信頼を寄せて下さった事への感謝の意」を表す事が必要です。
これは医療従事者である「薬剤師」にとっての「礼儀」である事を充分に認識しておくべきでしょう。
しかし、この「感謝の意」を表現する為には、黙々と「的確な業務」をこなしているだけでは上手く伝わりません。
患者様への「思いやりのある行動」で表現する事で、初めて相手に伝わるのです。
「患者様」の「心の声」にきちんと耳を傾けて「不安」を解消して差し上げる事は、医療に携わる人間にとって「必要不可欠な要素」となります。
こう言ったシーンで活躍するのが「コミュニケーション能力」でもあります。

薬剤師として、薬に関する「知識」「経験」「技術」の向上は当たり前の事です。
これらを前提に、いかに「患者様や地域住民に対して貢献できるか」と言う事に重点を置く事は、今後の「医療活動」をより発展させる事にも繋がります。

患者様に対して「寄り添う気持ち」と、それを表現する為に「言葉に耳を傾ける」「判りやすい言葉で的確な医療情報を提供する」事は、正しい「服薬指導」を納得していただく為にも大切な事なのです。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜