HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 管理薬剤師になる

管理薬剤師になる

転職・就職(事前準備)
調剤する薬剤師

「管理薬剤師」は、薬事法によって定められており「1店舗に一人」の設置が義務付けられていて、他店との兼任は認められていません。
その為、薬局や、医薬品を取り扱う業務を行う施設においては、必ず一人管理薬剤師が必要とされるので、施設の数だけ「管理薬剤師」が必要とされています。

現在薬剤師の約半数は「薬局」や「ドラッグストア」に勤務していますが「調剤を行わないドラッグストア」においても薬剤師が必要な理由としては、開設の為に「管理薬剤師」が不可欠である為なのです。

「管理薬剤師」になる為には、特別な認定資格などは有しませんので、ある意味、薬剤師であれば、誰でもなる事が出来る可能性があります。
ただし「薬事法」や「薬剤師法」等の法律や「医療事務」「レセプト」「医療保険」に関する知識も業務上、必要とされます。
また、望ましいとされる人材は「3年以上薬剤師業務の経験がある人」とされ、更に「責任感が有る」「信頼がおける」「リーダーシップがとれる」等の要素も必要とされます。
したがって、雇用主において「資質がある」と判断された場合、任命される可能性があると言う事になります。
また、求人によっては、始めから「管理薬剤師」としての薬剤師を募集している場合もありますので、そういった求人医応募する事で「管理薬剤師」になる事も可能です。

業務内容としては、通常の薬剤師業務の他に、名前の通り「医薬品」の「管理」が目的とされます。
一口に「管理」と言ってもその内容は様々で「帳簿のチェック」「保管期間」「品質管理」等があげられ、その他にも法律に沿った「医薬品の陳列」も仕事の一つです。
場合によっては、店舗開設者に薬の知識が無い場合には「薬を扱う設備に関する助言」「衛生管理」等の権限も与えられています。

「マネージメント」や「指導者」「経営者」としてのノウハウも習得が可能ですので、キャリアアップをしたい人にはお勧めです。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜