HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 企業研究のやり方

企業研究のやり方

転職・就職(事前準備)

「企業研究」とは、自分が就職したいと思っている職場を知る為の大きな課題の一つです。
薬剤師として勤務する職場は幅広く存在し、同じ「調剤薬局」でも大手チェーンや中小の薬局など様々です。
こうした無数に存在する「薬剤師が働ける職場」を知る事が「企業研究」という事になります。

「企業研究」をするポイントとしては「事業内容と将来性」「社風と社内制度」「就職後のキャリアパス」「実態に基づく勤務状況」など、実際に自分が勤務を始めた場合の目標やモチベーションに繋がって行くので、これらをきちんと研究する事が大切です。

まずは自分が「仕事をしてみたい」と魅力を感じられる勤務先をいくつか候補を挙げて、
自分が「魅力を感じるポイント」やその職場で得られる「経験」「向き不向き」等をよく観察する事です。
就職活動の際の面接では採用側から様々な質問をされます。
しかし、その企業について深く理解していなければ答える事が出来ない上に月並みの回答では高い評価を得られないという事を覚えておくべきでしょう。
企業研究の程度によって「志望度・熱意」に繋がる評価ポイントとされ、自己アピールをする為の土台となります。

「企業研究」の第一歩は「情報収集」から始まります。
代表的な物では、インターネットを活用して「コーポレートサイト」を熟読する事です。
「企業概要」には「社名・代表者名・所在地・設立年月日・社員数・資本金・売上」等、基本となる情報が記載されています。
また企業理念や代表者メッセージには重要となる「社風・会社が目指すビジョン」といった企業の根幹となる事柄を読み取る事が出来ます。

その他に、就職・転職活動者向けに記載された「採用サイト」の情報も必要不可欠です。
この中には「選考内容・採用スケジュール・募集職種」など、就活自体に関わる大切な情報が記載されていますので必ず活用するようにしましょう。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜