HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 大変だけど高い給料が魅力!薬剤師がドラッグストアに転職する際の注意点まとめ

大変だけど高い給料が魅力!薬剤師がドラッグストアに転職する際の注意点まとめ

転職・就職(事前準備)

 

高待遇なドラッグストア求人

最近、薬剤師の求人が増えている勤務先のひとつに「ドラッグストア」があります。

実はドラックストアに勤めている薬剤師は、調剤薬局薬剤師や病院薬剤師と比べて、給与の面ではかなりの高待遇なんです。

昇給も比較的しやすいので、やりがいのある職場ともいえますよ!

今回は、ドラッグストアに転職する際に薬剤師が注意したいポイントについて話していきますよ~。

注意点①転勤(店舗移動)がある

上記で書いたように、ドラッグストアの薬剤師はすごく稼げます!ただ、給料がいいということは、なにかしらの犠牲を伴うわけで・・・。

その犠牲のひとつが「転勤」です。多くのドラッグストアはチェーン店なので、店舗移動が多いんです。つまり転勤が増える可能性が高いんですね。

もちろん、数ヶ月に1回というケースは少ないんですが、数年に1回という転勤ならばありえる話です。店舗移動に関しては面接の際によく確かめておく必要がありますが、転職してから「話が違う」ということもありえます。

特に女性の場合は、家事や育児をこなしている方も多いわけですから、転勤はなるべく避けたいところですね。

希望条件をちゃんと伝える

ドラッグストアは常に薬剤師不足に陥っているような状態なので、店舗移動がまったくないということはなかなかありません。店舗移動まではいかずとも、他店に「応援」といった形で派遣されることもあります。

応援の場合は短期間ですのでまだマシですが、完全な店舗移動となると転職を考えてもいいかもしれませんね。しかし、薬剤師不足だからこそ求人が多いという現実も。ドラッグストアを狙っている方は、数年おきに転職するという手もアリといえばアリなのです!

話を戻しますと、やはり面接の段階で店舗移動について確認することはもちろん、自分の意志を明確に伝えておくことも必要です。そのためにも、自分の通勤可能なエリアを把握し、こちらから条件として提示しましょう。

注意点②休日が少ない&土日に休めない

そして、高収入であるドラッグストアのもう一点の問題。それが、「休日が週に2日ないかもしれない」「休みが土日ではないかもしれない」というところです。

え?求人票に「週休2日制」って書いてあるから大丈夫?

いやいや、ちょっと待って下さい。「週休2日制」と「完全週休2日制」は違いますよ!

「週休2日制」と「完全週休2日制」の違い

「週休2日制」と「完全週休2日制」ですが、実は意味が全く違うものなんです!

法律的には「週1日以上の休日を与える」ということが義務付けられています。

しかし、その休日の曜日は必ずしも土日の週末とは限られておらず、曜日に関しては雇用主が定めてOK。

そして「週休2日制」は「必ず週2回の休みがある」ということではなく、「1ヶ月の間に週2日の休みがある週が1度以上ある」と言う場合に用いられます。

例えば「通常は週1日の休みだけど、月に1度だけは週2日の休みがある」という場合も「週休2日制」といっちゃって大丈夫なわけですね・・・。つまり、「週休2日制なのに、ほとんど週に1日しか休めない」というのは、実は契約通りというわけ。

これに対して「完全週休2日制」は「毎週週に2日休みがある」と言う場合に用いられます。この場合も休みが土日とは限りませんが、毎週休みが2日はあることは約束されています。

事前の確認が大切!

このように、「週休2日制」と「完全週休2日制」は似て非なるもの。気を付けないと採用後のトラブルにも発展しますので、きちんと確認しておくことが必要です!

そしてドラッグストアの場合はサービス業なので、完全週休2日制であっても、土日や祝日は出勤しなければならない可能性が高いです。このあたりの事情も面接のときに聞いておきたいポイントですね!

働きたいドラッグストアに実際に行ってみる

このように、相応の覚悟をしなければならないドラッグストアですが、休日が少ないということはその分給料として跳ね返ってきます。ドラッグストア勤務の薬剤師が稼げるというのは納得ですね。

では、そのような事情を考慮してドラッグストアに転職しようと決めたとします。ここで転職を決意する前におすすめしたいことが。

それが、「店舗見学」です。実際に働きたいドラッグストアに行ってみて、お客さんのフリをしながら仕事内容などを確認するのが一番!

というのも、大手のドラッグストアでは面接をする際、実際に勤務する店舗ではなく、本社やエリア内の支社で行われることがあります。

働きたいドラックストアに行かずに面接に行くと・・・採用されたものの、職場の雰囲気が思っていたものと違った・・・なんてことになる可能性があるんですね。

そんなわけで、店舗見学は必ず行くべきですよ!

薬剤師は何人いる?

店舗見学の際にチェックしておくポイントとしては、まず「薬剤師は何人体制か」ということ。時給が高額の場合は特に気を付けるべきポイントともいえますね。

OTC医薬品販売だけの場合であれば、「登録販売者」が何人いるか、また調剤薬局を併設している場合も、薬剤師の数をチェックしておきたいです。

なぜチェックが必要かというと、薬剤師の数が少ないということは薬剤師が不足している、つまり働くことになった場合、重労働である可能性が高いということです。もちろん薬剤師が不足しているから求人を出しているわけですが、あまりにも体制が整っていない場合もありますのでご注意を。

「残業が多い」「休みがなかなか取れない」など、提示された条件と違ってくることもありますので、薬剤師の数についてはよ~く観察しておきましょう。

通勤状況も確認!

次のポイントとして挙げられるのは、出勤するための交通手段と経路です。

お子さんがいるママさん薬剤師の方は、保育園の送迎などをしなければならないこともありますよね。店舗と保育園の距離があまりにも遠い場合は、継続して働くことが困難になることも・・・。実際に勤務する時間帯にあわせて、交通手段と通勤経路をよく確認しておきましょう!

薬剤師がどのような仕事をしているかをチェック

ドラッグストアで薬剤師の動きに注目するのはもちろんですが、薬剤師がどのような仕事をしているかもチェックしましょう!

ドラッグストアの場合、通常の薬剤師業務だけではなく、店内の商品整理・品出し・レジ打ち・接客などなど、やることがてんこ盛りです。自分でもできるのか、体力的にやれそうかなども確認しておくと、自信をもって転職活動ができますよ。

コンサルタントに相談するのもおすすめ

しかし!実際に店舗に行ったとしても、分かる情報はお客さん目線だけですよね。

そこで、内部の情報を知るために活用したいのが、無料で相談に乗ってもらえる転職コンサルタントです。

登録は無料なので、「とりあえず話を聞くだけ~」みたいな使い方もぶっちゃけできちゃいますよ!

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜