HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 保険薬剤師として働く

保険薬剤師として働く

転職・就職(事前準備)

「調剤業務」を行う薬局の中でも、「健康保険制度」の「保険適用」が出来る薬局を「保険薬局」と呼び、そこで働く薬剤師は、薬剤師資格だけでは無く「保険薬剤師」としての資格が必要とされます。

薬剤師の半数以上の就職先である「調剤薬局」は、当たり前ではありますが「保険薬局」ですので、大半の薬剤師にとっては、必要な資格と言えるでしょう。

この「保険薬剤師」の資格の取得には、難しい国家試験などは無く、勤務する「保険薬局」等のある「都道府県」を管轄する登録機関(地方厚生(支)局の事務所)等で、登録を行う事で、取得が出来ます。

6年制の薬学系大学卒業後に、国家試験を受験し、合格すれば「薬剤師国家資格」は取得出来ますので、この薬剤師資格だけでも十分に勤務可能な職場もたくさんあります。
例えば、製薬会社に勤務する「開発・研究」や「医薬情報担当者のMR」は調剤業務に携わりませんので、「保険薬剤師」の資格が無くても勤務は可能です。
その他にも調剤業務を行わない、ドラッグストアや行政機関においても、勤務可能です。
また、これに加え「病院薬剤師」に関しては、「保険薬剤師」の資格は必要ありません。
「調剤業務」や「服薬指導」等、業務内容は似ているのですが、「病院薬剤師」の大きな違いは、薬や注射・点滴の調剤等、様々な病院内の薬学治療の際に、「医師からの直接の指示」を受け業務を行っていると言う点です。

一方、調剤薬局においては「医師の処方せん」を基に、独立した施設内での調剤業務となりますので、薬剤師の責任の基、「調剤業務」や、調剤料の「点数算定方法・解釈の仕方」「請求」までひと通りの手続きをこなし、更に「健康保険」や「介護保険」についての知識も必要とされます。

「調剤薬局」へ転職する際には、前職で「保険薬剤師」の登録が必要なかったと言う場合、特に、登録する事を忘れないよう、気を付けましょう。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜