HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師として働く > 薬剤師の残業

薬剤師の残業

薬剤師として働く

働く上で、残業がないというのは、労働者にとって、プライベートな時間の都合がつくというメリットがあるだけでなく、会社側にとって光熱費節約など、経費削減というメリットがあります。
薬剤師には、ほとんど残業がないとされていますが、現状は、職場環境によっては残業があるところもあり、激務とそうでない職場環境の差がはげしいです。
一般的に仕事が忙しく離職率も高いのが病院です。
仕事が忙しい割に給料が安く、人間関係も複雑で、継続して勤めるには無理があります。
仕事が忙しいときは、当直医と同じように一日中、病院にのこるときもあります。
しかし、病院での仕事は、大変やりがいがあります。

薬局チェーン店・ドラッグストアでも残業があります。
ドラッグストアは給料は高いですが、薬剤師としての仕事以外、雑貨販売業務もしなければなりません。
定時内に終わらなかった業務の残業もあります。

残業がほとんどないのが調剤薬局です。
調剤薬局では、定時で業務が終わるところがほとんどなので、家事や育児との両立がしやすく、主婦に人気がある職場です。
製薬会社や化粧品会社などでも、ほとんど残業がありません。
残業時間が、あまりに多い職場で働く薬剤師の中には転職を考えたという人は多いです。
中には残業手当が、支給されないという職場もあります。

口コミや評判などから、残業が転職理由の一つになっています。
離職率が高い職場は残業時間が多い職場が多いです。
新たな転職先成功のため、希望する労働条件にあった職場の紹介があるWEB上の転職サイトに登録しておくのも一つの方法です。
また、転職サイトのキャリアコンサルタントに相談された方も多いです。
WEB上の転職エージェントを利用すると、労働条件、待遇面ともに満足がいく転職先が見つかりやすいです。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜