HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師として働く > 薬局開業

薬局開業

薬剤師として働く

薬剤師として仕事をしていて「自分で薬局を開業したい」と思っている方は多いと思われます。

しかし現実問題「独立」して「薬局開業」となると、全てを「個人」で準備するのはかなり難しいと思われます。
「独立」の為の資金は、薬局を開業する為の「店舗の確保」「設備投資」「薬剤の仕入」等含めると最低でも500万円程度はかかります。
更に、一人ですべてをこなすわけにもいきませんので、ある程度の人数の薬剤師を雇う必要もありますので、資金は更に必要となります。

また「薬局開業」後に、順調に処方箋枚数が確保できれば良いのですが、近くに「大手薬局チェーン」等が存在すれば「薬局開業」によって成功する事は、かなり難しいようです。

「独立」に関して、一番多い方法は「大手調剤薬局で働いたのち、その薬局のFC加盟店となる」方法です。
この方法でしたら「薬剤師」としてのスキルを磨きながら「経営のノウハウ」も勉強出来る上に、いざ「開業」する時点での資金繰りに関しても、負担がかなり少なく済みます。

ある大手「調剤薬局」では、まず「開局地」の選定から始まり、地域の様々なデータを分析した上で「新規開業」の物件探しを支援してくれます。
その為、かなりの割合で「処方箋の確保」は可能となります。
また、一番心配される「資金計画・資金調達」に関しても「予算」に応じて「半額出資」または「半額貸付」の形で資金援助をしてくれる事となりますので、「個人」で資金繰りをするよりも、ずっと楽に資金調達が可能となります。
更に、開業に当たっての「労働力の確保」「労働管理」や「研修」の開催、地域官公庁、保健所等への「各種申請手続き」に関しても全て代行してくれますので、初めてでもスムーズに開業までの準備を行うことが出来ます。

もしどうしても「個人」で「薬局開業」をしたいと言う場合は、失敗しない為にも「企業コンサルタント」に相談する事が望ましいと思われます。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜