HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師として働く > 中途採用の履歴書の書き方

中途採用の履歴書の書き方

薬剤師として働く

「新人薬剤師」「中途採用薬剤師」に関係なく、求人募集に応募する際は「履歴書」の提出が一般的です。
「履歴書」の内容・書き方は、採用側としては、最初の判断基準とされ、その人物を見極める為にも大切な情報源となります。
「履歴書」は「中途採用」を成功させる為の最大のポイントであると言っても過言ではありません。

まず、履歴書を書くにあたって「誠実さ」「真面目さ」「好感の持てる人柄」が採用側の印象に残るよう配慮する事が必要です。
更に、重要なポイントは「学歴・職歴・資格」等の書き方で、書き方次第で「面接落ち」や、最悪の場合「書類選考落ち」となる場合もあります。

「職歴」に関しての記載は「会社名の省略はしない」「昇進・異動の記載もする」「転職した場合も全て記入する」事が必要な事を覚えておきましょう。
また「資格」記入欄には、当たり前ですが「薬剤師免許の取得」は必ず記入します。
その他「認定薬剤師」や「ケアマネージャー」等、薬剤師として必要な資格は全て記入する事でアピールポイントの一つとなります。
退職理由は、面接で細かく質問されますので、履歴書上は「一身上の都合により退職」又は「会社都合により退職」と簡潔に記入します。
履歴書に添付する写真は第一印象を大きく左右する為「スナップ写真」では無く、スーツなどを着用し、身だしなみ(女性は化粧必須)を整えて写した「証明写真(出来れば写真館で撮影)」を使用します。

応募理由の記入の際は「採用側のニーズ」を良く理解した上で、出来るだけそれに沿った内容で記入する事が重要です。
また多くの「中途採用」の場合「即戦力」を求められていますので、その点を良く踏まえた内容で記入する事も忘れてはいけません。
あまりにも的外れである場合、採用が見送られる可能性もあります。

最後の見直しで「空欄」が有る場合は、特に記入する事が無い場合も「特になし」とし、全て埋めるように気を付けましょう。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜