HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師として働く > 中途採用の悩み

中途採用の悩み

薬剤師として働く

薬剤師は比較的転職しやすい職種ではありますが、実際は「中途採用」の求人は、全ての薬剤師求人に当てはまる訳ではありません。
「採用側」の希望する人材は大きく二つに分かれ、一つは「まだ何にも染まっていない新人薬剤師」を必要としている場合と、もう一つは「経験のある即戦力」を必要としている場合です。
「中途採用」を希望している薬剤師であれば勿論、後者が当てはまる訳ですが、自分のやりたい職種と、求められている職種が異なる事の方が多いと言えるでしょう。
これが多くの「中途採用」を目指している薬剤師の大きな問題点であり、悩みでもあるのです。

中でも「病院」や「企業」のように組織で動いている場合「その職場のやり方、考え方にすぐに馴染める」と言う意味で、新人薬剤師を希望する事が多く、その為どうして「中途採用」の求人の幅は狭くなってしまいます。
しかしそういった中でも、一部の「新しい病院」や「成長途中の企業」の場合「指導者として教育が出来る薬剤師」を求めている場合もあります。
ただ、そういった求人も「中途採用」を希望する薬剤師が多い中、実際に「採用」して貰う為には「人として」の価値が求められてくるのです。

この様な「中途採用」の際に利用できるのが「研修認定薬剤師制度」です。
「倫理・基礎薬学・医療薬学・衛生薬学」そして「薬事関連法規・制度」などに関する、様々な研修を一定期間内に受講する事で、その「能力」を磨く事が可能です。
新規は4年以内、更新の場合は3年毎の「所定の単位の取得」によって「研修認定薬剤師」として認められるのです。

「努力を続け、時代に応じた薬学的知識や技術を得ている」と言う事を証明すると同時に「日本病院薬剤師会」が認定する「認定薬剤師」「専門薬剤師」の資格を取得することは「キャリア」や「スキル」を証明する上で、重要なポイントとなります。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜