HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師として働く > 中途採用のベストな時期

中途採用のベストな時期

薬剤師として働く

平成27年度の「第100回薬剤師国家試験」に関して言えば、合格率が「昨年に引き続き低い」と言う結果が出ています。
その為、採用側からすると、予定通りの「薬剤師」の人数を確保できなかった為、現在「薬剤師不足」が深刻化し、非常に悩んでいる職場も少なくありません。
特に「調剤薬局」では、薬剤師の不足は業務に大きな影響を与える事から、一刻も早い採用で「薬剤師不足」を解消する為の問題解決に力を入れているのが現状です。

どの薬局でも共通して考えられている「薬剤師不足」を打開する策は、「中途採用薬剤師の条件見直し」が挙げられています。

少なくとも、今後1年間は新しい薬剤師が生まれてこないのは事実ですし、来年度の「薬剤師国家試験」での合格者数が増えるとも限りません。
とにかく、現状での「薬剤師不足」の解決策として「中途採用者の条件見直し」は必須課題であると言えます。
また「同業他社」よりも先に「薬剤師確保」をする為、どの薬局でも、採用条件が良くなっているのも事実です。
そう言った意味でも「今年度中の転職」はベストタイミングとも言えるでしょう。

1年を通しての「中途採用」に関する「求人情報」が増える時期は、薬剤師だけでは無く、他の業種でも共通していて「ボーナス時期(7月・12月」や、退職者の増える「年度末」とされています。
「ボーナス時期」に関しては「ボーナスを貰ってから」と考えている方が多く、これは転職後の「一時的な収入の不安定」をカバー出来る事が最大の理由と言えます。
また「中途採用希望者」にとっても、前職場で「ボーナス」を貰ってからの方が、断然お得でもあるのです。

ただこれらの時期に関しては、全ての転職希望者が当然増えている訳ですから、競争率はかなり高くなります。
しかし採用側からすれば、急な「薬剤師不足」を一刻も早く解消したいと言う狙いから、かなりの「好条件」での求人が増える時期でもあります。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜