HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師として働く > 手続きについて

手続きについて

薬剤師として働く

「薬局開業」の為には、様々な手続きをしなければなりません。
「調剤薬局」としての定義は「全医薬品を販売・薬剤師が常駐し、調剤室を持つ」とされています。
最初に「薬局の開業」の為に、所在地である「各都道府県知事」における「薬局の開設許可」を受けます。
この「薬局の開設許可」は6年ごとの更新となりますので、万一更新を忘れてしまった場合「開業許可」の効力が失われてしまいますので、これだけは忘れないように気を付けましょう。
また「都道府県」によって「調剤薬局の設置基準」が別途定められている場合もありますので、これも併せて、各都道府県庁の「薬務課」や「衛生課」等に確認しておくようにしましょう。

「薬局」の業務内容に合わせて「諸官庁・組織」に対して必要な「申請書・届出書」等の提出書類は、それぞれ提出先が異なります。
また「地域」や「薬局の業務内容」によって異なる場合もありますので、最初に「所轄関連機関」への問い合わせをする事で確認しておきましょう。

主な提出先としては「保健所」(薬局開設許可申請書・毒物劇物取扱責任者設置届など)
「社会保険事務局」(保険薬局指定申請書、保険薬剤師登録申請書など)「薬剤師会」(薬剤師会入会届など)「障害福祉関連」(更生医療機関指定申請書など)「労働基準監督署」(労災保険指定薬局指定申請書など)が挙げられます。

「保健所」と「社会保険事務局」に関しては「薬局開業」の前に「機能」(薬局機能)及び「構造」(衛生管理など)を中心に検査をする事で、正式な「薬局開設の許可」が初めております。
更に「社会保険の適用」の為の手続きとして「社会保険事務局」による「保険薬局としての指定」を受けなければなりません。
「保険を用に適した薬局の経営・施設」であるかどうかを改めてチェックをします。

この様に様々な手続きが有りますので、最初に「薬局開業」の為の提出書類を充分把握しておくことが必要です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜