HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師として働く > 製薬メーカーへの転職

製薬メーカーへの転職

薬剤師として働く

「製薬メーカー」全体の求人数は、「調剤薬局」が20,000人以上に対して、6,000人弱と極めて低く、難易度から言えばかなり高いと言えます。
年齢的にも、30代であれば、まだ需要もありますが、40代以降ともなると充分なスキルを持ち合わせていない限り、良い条件での転職は厳しいのが実情です。

製薬メーカーで「薬剤師」が活躍できる職種は様々ですが、その一つに「管理薬剤師」があります。
製薬メーカーでは「薬事法」に基づき「管理薬剤師」の設置が義務付けられています。
MRから報告される「自社の医薬品」に関する、「品質・安全性等の情報」を「収集・管理」し、文書への作成をする事が主な業務内容です。
また、新たな医薬品の申請に関する事務処理等の業務もありますので、最低限「ビジネスライティング」のスキルが必要です。

現在人気のある「MR(医療情報担当営業)」ですが、基本的には「薬剤師資格」の必要は無く、求められるのは「コミュニケーション能力」のある人材と言われています。
その為競争率が高く、経験者が優遇される傾向にあり、募集も少ないのが実情です。
ただ、給与の面では、実績さえよければ年収は1,000万円を超える事もありあます。

「学術部門」に関しては、求人数が少ない上に、「技術」と「スキル」も必要とされ、難易度はかなり高いと言えるでしょう。
医薬品の添付文章・学会資料等を「医療従事者向けにまとめる」事が主な業務とされていますが、国内だけでは無く、海外からの「文献・研究資料」も読む為、英語のスキルが必須条件となります。
また製品認知度を高めると言う意味で、薬剤師を対象とした「製品説明会」等で講演者を務める場合もあります。

他にも「DI業務(医薬品情報管理業務)」や「コールセンター業務」「品質管理」「PSP(新薬の市販後調査)」等の業務もありますが、「非公開求人」が殆どですので、「転職支援会社」等を利用して、情報を集める事がポイントです。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜