HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師として働く > 薬局長になるには

薬局長になるには

薬剤師として働く

「薬局長」と言うポストは、あまり広く知られておらず、「管理薬剤師」と混同される方もいらっしゃいます。
ただ、「薬局長」も「管理薬剤師」も「責任のある立場」である事に違いはありません。
また「経験」と「実績」が必要であり「リーダーシップ・コミュニケーションの取れる人」
「責任感が持てる人」が求められています。

「薬局長」のポストは、「管理薬剤師」と同じく、誰もが目指したいポストでもあります。
現在は、薬剤師が不足している事もあり、すでに「薬局長」が在籍している場合は、少々難しいかもしれませんが、若くても「薬局長」に上り詰めることは可能です。

薬局長とは、具体的に言えば「店舗の最高責任者」であり、「店舗」と「本部」を繋ぐ、重要な「パイプライン」と言えるでしょう。
業務内容としては「従業員のシフト作成・勤怠の管理」や「本部への状況報告」「(患者様・お客様に対する)トラブルへの対処」「従業員の役割指示とコミュニケーション」「近隣の医療機関との情報交換」等、外交的な部分を担う事が多いと言えます。
特に「大規模チェーン店」の場合は、大変重要な役割であり、また「幹部への近道」でもありますので、昇給を望むのであれば目指すべきポストとも言えます。

一方「管理薬剤師」とは、「薬事法」によって「1店舗に一人」設置する事が義務付けられています。
基本的には「薬局内部」に関しての責任を持つ義務があり、トラブルの際の司令塔としての権限を持ち併せています。
その為、薬局の設備などの不備があれば、薬局の開設者に申し立てができる事から「開設者と同等」の権利があると言えます。

大手の場合「管理薬剤師」と「薬局長」を別々にする事で、業務内容を分担する事が多いのですが、中小の薬局の場合は「兼務」する事もあります。

「キャリアアップ」や、人材を育成する「充実感」を得たい薬剤師にとっては、向いている役職と言えます。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜