HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師として働く > 中途採用で応募する注意点

中途採用で応募する注意点

薬剤師として働く

「中途採用」については、採用側にとって「良い薬剤師」であるかどうかが非常に重要であり、「経験」や「技術」だけでは無く「人柄」も重要視されます。

「中途採用」での薬剤師の求人は、基本的には人材を補う為と言う事が多く、「企業・病院・薬局・ドラッグストア」全てに共通して「即戦力が必要」だと言う事を念頭に入れておきましょう。

「中途採用」での応募の際に「採用側が見極める重要なポイント」は「前職(経歴)」「転職の回数」「転職までの年数」「ブランク期間」「転職理由」「管理薬剤師の経験の有無」とされています。
特に「前職(経歴)」「転職回数」「転職理由」は非常に左右する為、既に「転職回数」が多い、または「転職理由が不明瞭」な薬剤師は不利である事を覚えておきましょう。
更に転職理由の悪い例は、今後採用するにあたり「すぐに辞めるのではないか」と言う印象を与えてしまう「人間関係が悪い」「多忙である」「勉強できる環境が欲しい」「給与が安い」「休日が少ない」等とされている為、なるべく避ける事が望ましいです。

「履歴書・職務経歴書」は、面接の際の「最初のアピール」であり「顔」とも言えますので、「効果的なアピール」をする事で、面接での印象が良くなる方法でもあります。
「文字」や「書き方・内容」だけでは無く「写真の添付」「捺印」も丁寧にする事で、人柄や熱意、誠実さが伝わってきます。
「丁寧・正確」且つ「読みやすく、美しい」と言うのが基本ですので、黒の万年筆かボールペンで記入の上、文字は「楷書・大きめ」で書くことがポイントです。
また空欄はなるべく避ける事で「熱意」を見せる演出も必要です。
どうしても無いと言う場合は「特になし」と記入し空欄を避けましょう。
最後にコピーを取っておくことで、面接の際にも、質問の答えに「ずれが無い」ようにする為、きちんと把握しておくことも必要です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜