HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師として働く > 新薬開発に関わる薬剤師

新薬開発に関わる薬剤師

薬剤師として働く

「新薬開発」=「研究・開発職」と考える方が多いと思われますが、実際には、新薬開発までには、様々な工程が必要とされ、そこに携わる職種も多岐に渡ります。
「研究・開発職」に関しては、「大学院卒」と言う条件が有る場合が多く、極めて狭き門とされ、高度な「知識」や「技術が」要求される、難易度の高い職種と言えます。

その他「新薬の開発」に携われる職種として、「QA(品質保証部門)・QC(品質管理部門)・DM (データマネジメント部門)」等があります。
ただ「薬剤師」としての「専門的知識・技術」を活かしたいのであれば、「CRC(治験コーディネーター)」や「CRA(臨床開発モニター)」と言った、職種をお勧め致します。

「新薬開発」の最終段階で行われるのが「治験」と呼ばれるものです。
この「治験」を行う為には、患者様を始め、ドクター・看護師などの医療スタッフの協力と、依頼主である製薬会社との連携が必要とされます。
これらを円滑に進められるようにサポートするのが「CRC(治験コーディネーター)」の役割とされています。
実際に、治験を行う際に、患者様に接する事が出きる「CRC」は、薬剤師としての「やりがい」や「魅力」を感じられる職種と言えるでしょう。
業務内容としては「プロトコール(治験実施計画書の把握)」や「患者様への説明」が主とされる事から、「薬学の専門知識」以外にも、「コミュニケーション能力」が求められる職種です。

これに対して「CRA(臨床開発モニター)」とは、「治験に関するスケジュール・手順の確認等」を行い、厚生労働省の承認を得る為の、規約に基づく「安全性・有効性のデータ」を「収集・提出」する事が、業務内容とされます。
「治験実施計画の内容把握」「症例報告書の回収」と言った「専門的な知識」と、加えて「情報処理能力」が求められます。
どちらに関しても、薬剤師として「新薬の開発」に関して「重要な役割」を担える仕事である事は間違いありません。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜