HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師として働く > メーカーグッズ(シールなど)に詳しくなる

メーカーグッズ(シールなど)に詳しくなる

薬剤師として働く
花をもって笑う女の子

製薬会社などの「メーカー」では、良く「ノベルティグッズ」を配布している事があります。
昔、銭湯などで、とある製薬会社の「手桶」をご覧になった事があるかと思いますが、一つは製薬会社の宣伝広告でもあります。
配布される薬局薬剤師にとっては、嬉しいアイテムです。

こういった製薬会社の「ノベルティグッズ」は、巷では以外にも人気があり、コレクターにとっては、貴重なグッズです。
製薬会社の名前がはいっている事で、プレミアがつくからです。

同じキャラクターグッズであっても、製薬会社の名前が記載されている事で、価値も上がりますし、その製薬会社ごとに「オリジナルグッズ」を制作していますから、それを目当てにOTC医薬品を購入するお客様もいらっしゃるほどです。

「ノベルティグッズ」にも色々なタイプの物があります。
例えば、文房具では、メモ帳・シール・ノート等、小中学生向けのグッズや、小さな指人形や、マスコットなどの、幼児向けの者もあります。
また、変わったところでは、高齢者向けの「錠剤をパッケージから取り出す器具」や「錠剤を半分に切断する器具」等、多種多様なグッズが用意されています。

病院医師によっては、製薬会社のノベルティグッズをいただく事を「賄賂」のように思い嫌う方もいらっしゃるようですが、薬局薬剤師の場合「ノベルティグッズ」は、患者様の心を和ませる一つのアイテムでもあります。

そう言った、製薬会社のノベルティグッズの種類に詳しくなれる事は、薬剤師の特典でもありますし、来店された患者様やお客様に適したグッズを差し上げる事で、患者様との距離が縮まる事もあるのです。

泣いている幼児に、可愛いグッズを差し出す事で、笑顔になるかもしれません。
お母さんにとっても、子供が泣き止んでくれたことで嬉しく思う方も少なくありません。

せっかくの「ノベルティグッズ」ですから、種類を把握して、薬剤師業務に大いに役立ててみましょう。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜