HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師として働く > 薬剤師が効率よく業務を行うコツ

薬剤師が効率よく業務を行うコツ

薬剤師として働く

薬剤師になった人は、何が良くて、薬剤師になったのでしょうか?
給料が良い、体力的に優しい、実家が薬局、様々な理由で、薬剤師になったのでしょうが、給料が良いからというのがトップの理由なら、それが優先順位一位となります。
このように業務を達成するために優先順位をつけて、業務を行うとスムーズに達成することができ、早くしあげることができます。

薬剤師は薬を調合するだけでなく、薬の品質管理、在宅医療補助、情報整理、調剤事務補助など、薬剤師業務は多数あります。
まず、基本的な薬剤師業務を的確にこなすには研修に参加して、薬剤師業務を理解することから始まります。
業務を理解すると、自然とすべての業務をスムーズにこなすことができるようになります。

そのため、常に薬剤師研修に参加してレベルアップを図ります。
このことが前提条件になります。
薬剤師業務の内容を理解したうえで、人より一歩早めに業務に着手します。
どんなことでもメモをするクセをつけ、数分刻みで業務をこなすようにします。

管理薬剤師は常にメモすることが大事です。
病棟薬剤師は、患者の病気情報を的確につかむことが大事です。
そうすることで、病状にあった薬の調合、飲み方の説明をスムーズに行うことができます。
臨床薬剤師は臨床経験を積むことによって、入院患者、外来患者に正しい服薬指導を行うことができます。
業務内容を理解している人は、仕事を仕上げるスピードも早く、仕事の進め方にも無駄がありません。

■仕事の効率を上げる方法/事前準備、明確なゴール、忙しい状況の中での対応の仕方を事前に考えておく、無駄な業務を省く、
■脱だらだら~短時間のうちに業務をこなす/達成すべき業務に優先順位をつける、達成時間を決める、集中力維持

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜