HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師として働く > 薬剤師の今後

薬剤師の今後

薬剤師として働く

薬剤師の資格を持つ人がどんどん増え、薬剤師があまり気味になり、仕事につけない人がでてくるというのは、本当でしょうか?
実際、薬局の店舗数が減ってきています。
確かに計算の上では、今後、薬剤師過剰ということが予想されます。

弁護士について、過去にも同じようなことがあり、弁護士過剰が取りざたされ、一時期心配されていましたが、結果的には飽和状態になったのは都市部だけでした。
地方では依然不足しています。
これと同じようなことになる可能性が大です。

特に薬剤師の場合、需要が減ることは、考えられません。
高齢化がどんどん進んでいるので、社会情勢を見る限り、やはり薬剤師は必要で、仕事につけない人が出てくることは、まず、考えられません。
しかし、薬剤師の中の薬剤師、一歩進んだレベルの薬剤師になることは必要だと感じます。

また、ある人の意見では、薬剤師は飽和状態にならないだろうと予測されています。
それは、薬剤師が活躍できる職場範囲が広いからです。
薬を調合する医療現場だけが就職先とは限りません。
薬剤師が活躍できる職場範囲は、食品業界、化粧品業界、製薬会社、化学系、環境など、広範囲です。
医療業界のみで考えた場合、当然飽和状態になるでしょう。
しかし、他業界に分散することを考えると、飽和状態にはなりません。

しかし、一方では、他業種への就職を危惧する声もあります。
他業界はわざわざ薬剤師資格を持った薬剤師を雇う必要がなく、薬剤師資格を持たない、他学部卒の学生を採用しても良いわけなので、就職時、競争が生まれ、必ず、就職できるとは限りません。
薬剤師が飽和状態になったのは登録販売制度が創設されてからというのも一因です。
いずれにしても都市部での薬剤師飽和は確実、薬剤師給料が下がるというのも確実です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜