HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師として働く > 化粧品メーカーへの転職

化粧品メーカーへの転職

薬剤師として働く

「化粧品メーカー」の「研究・開発」と言うと、薬剤師資格または、薬学科卒業の方が有利に思われますが、実際は、「医薬品ではない」化粧品の研究・開発なので、「パウダー粒子の研究」等の知識を持つ「工学系」や、「成分分析」等の知識を持つ「農学系」出身者の方が多く、薬剤師だからと言って有利とは限りません。
ただ、例外もあり、薬用・予防効果があるとされる「薬用化粧品」に関しては、薬機法上「医薬部外品」となる為、研究・開発の段階で、薬剤師資格を有している事が強みとなる場合もあります。

化粧品会社からの「研究・開発職」の求人数は、非常に少ないので、求人が出た時点で、すぐに定員オーバーとなってしまい、募集が終了してしまうケースが殆どです。
「化粧品メーカー」へ転職したいのであれば「研究・開発職」にこだわらず、様々なジャンルの職種がある事を念頭にいれて、転職活動を行うべきです。

「薬剤師資格」が有利とされる仕事に、「商品管理」と言う仕事もあります。
「化粧品」は「医薬品」ほど、時間も費用もかけられませんので、「臨床試験」に関しても「医薬品」のように、繰り返し行われる事は少なく、その分、商品の管理を「慎重」に行わなければならないとされています。
その為、「責任感を持てる人」「皮膚に関連する知識を持つ人」が「品質管理」の仕事に有利とされています。
「皮膚科の処方箋」を扱う事が多い薬局での勤務経験が有れば、優遇される可能性は大きいでしょう。

最近は「海外の化粧品メーカー」が「薬剤師」を募集しているケースが増えています。
これは「語学のスキル・コミュニケーション能力」のある薬剤師であれば、「医師や医療関連の機関・学会」等との「情報交換・ネットワークの構築」に、非常に有利であると考えられているからです。
「語学」と「コミュニケーション能力」に自信がある場合には、海外の化粧品メーカーも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜