HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師として働く > 薬剤師の初任給で一番稼げる職種

薬剤師の初任給で一番稼げる職種

薬剤師として働く

薬剤師の初任給、月収、年収とも一般職に比べると高めです。

初任給は平均約20~30万円、月収平均約45万円、年収平均約500万円です。

初任給が一番高いのがドラッグストアの薬剤師で、約25万円以上あります。
病院薬剤師20万円以上、調剤薬局で22万円以上なので、かなり高い額です。
30万円まで開きがありますが、製薬会社の初任給も良いです。

初任給額が一番高いドラッグストアでは、薬剤師業務以外に日用雑貨販売業務もこなさなければなりません。そのため、かなりの激務で、離職率も高いです。

ペットボトル、液体洗剤など重たい物を運ばなければならないこともあります。体力的にきつく、若い人なら勤まりますが継続して年をとるまで勤めるには無理があるという人もいます。

給料は安いけれど高い知識が身につくのは病院薬剤師

病院薬剤師は給料が安い割に激務なので離職率も高いです。
しかし、病院勤務で得た高い知識はその後の薬剤師業務に大いに役立ちます。

例えば、病院では患者さんの健康状態を正確に知ることができるので、患者さんの健康状態に応じた薬の調合が可能です。

これは薬局では、正確に知ることができません。患者さんの口から伝えられるだけで、病院のように検査してカルテを参考にしてという、正確さを求めることはできません。

しかし、業務が体力的にきついので大学卒業後2・3年は病院勤務し、その後薬局に転職するというパターンもあります。

大学卒業後、薬局薬店、調剤薬局に勤める人が全体の約30%で一番多いです。
毎月の収入も安定している上、チェーン店の場合、地域手当が支給されることもあります。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜