HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師として働く > 在宅医療

在宅医療

薬剤師として働く

薬剤師の男女比は男性が4割、女性が6割で、圧倒的に女性の多い職種である事は良く知られています。 その為、女性特有の仕事に関する悩みも多く、せっかくの国家資格である「薬剤師資格」を活かせず、箪笥の肥やしにしている場合も少なくありません。

特に女性の場合、結婚や出産・育児の為に退職せざるを得ない場合もあり、その後職場復帰したくても長時間勤務が出来ない等の理由で、中々うまくいかないのが現状です。復帰できたとしても、時間的な都合や人間関係、通勤時間等の理由で最終的には退職する事も多々あります。

最近、そのような女性薬剤師の方で「在宅勤務」や「在宅ワーク」を仕事として始めるケースもあります。 「薬剤師」の業務と言うと、調剤や服薬指導と思われがちですが「薬剤師の知識や経験を活かした仕事」が現在注目を浴びています。

薬剤師の在宅業務としてメジャーなものには「DI業務(医薬品に関連する副作用や臨床現場におけるデータ等の情報整理・管理)」や、「問い合わせ対応(メーカーなどの医薬品問い合わせに対してメールや電話で相談を受け付ける)」などの、本来内勤で行う業務を在宅で薬剤師に依頼する企業もあります。

また自分の薬剤師としての知識を活かし、医療従事者向けのコラムや、新薬に関する情報を執筆する「医療ライター」と言う業務もあります。

もし、英語が得意で自信のある方なら、日本で未発表の「輸入薬剤の添付書の翻訳」や、医療に関する海外の情報・書籍を翻訳する「医療文献の翻訳」などもあり、こちらは需要も多い事から、求人も見つけやすい様です。

様々な事情から働けない薬剤師はたくさんいらっしゃいます。 そのような場合、少しでも薬剤師としての業務に携わり、いつか復帰した時の事を考えて、自分のペースで仕事が出来る「在宅勤務」「在宅ワーク」と言う働き方も選択肢の一つにしてみてはいかがでしょうか。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜