HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師として働く > 人間関係に悩む薬剤師の上手な働き方

人間関係に悩む薬剤師の上手な働き方

薬剤師として働く

薬剤師としての働き方には、いくつかのパターンがあります。
フルタイムで働く正社員、短期間働きながら更新すると、継続して働ける派遣社員、家事や育児との両立がしやすいパート・アルバイト、正社員雇用がある紹介予定派遣、状況に応じた働き方を選ぶことができます。

人間関係で一番ストレスがたまりやすい働き方は正社員です。
フルタイム勤務なので、常に他の薬剤師と接触する時間が一番長いからです。
しかし、中でもメリットが一番大きい働き方です。
雇用は安定していて、社会保険など福利厚生面でも充実しています。
また、研修制度が設けられているので、スキルアップ、キャリアアップを期待することができます。

人間関係が苦手で、人とのコミュニケーションによるストレスをできるだけ避けたいという場合は、パート・アルバイトなどで働くという方法もあります。
時間給も高く、満足がいく金額を得ることができます。
短時間でも働く時間を選ぶことができ、休みが取りやすいので、家事との両立も図りやすいです。

また、派遣社員で働くという方法もあります。
派遣はパートやアルバイトとは違った雇用体制で、派遣会社に登録し、派遣会社から派遣され、薬局薬店などで働くというシステムです。
その会社、薬局薬店が直接雇い入れるわけではないので、他の薬剤師とはワンクッションおかれ、他の薬剤師とも距離がはかれ、ストレスをかかえにくい働き方ができます。
時給も良く、労働条件など、希望どおりの会社を紹介してくれます。
家事や育児との両立を図ることができ、福利厚生、研修制度などのサービスを利用することもできます。
一番、快適で理想的な働き方ができます。
ゆくゆくは正社員として働きたい場合、紹介予定派遣に登録します。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜