HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師として働く > 試供品がもらえる

試供品がもらえる

薬剤師として働く

薬局やドラッグストアで買い物をすると、良く「サンプル」を頂く場合があります。
殆どが、化粧品やシャンプー等のコスメですが、中には、OTC薬を購入した際に「胃腸薬」や「頭痛薬」等も貰える事もあります。

これらのサンプルは、メーカーから「無料配布」の為にお店が頂くものですが、実際に薬剤師やドラッグストアの店員は、一足先に使用しているケースが多い物です。
薬剤師ならではのメリットでもあります。
実際に使用する事で、患者様やお客様にお勧めする際の知識として大いに役立ちます。
「どんなお客様や患者様にお勧めできる商品か」をチェックする事も、薬剤師として大切な事です。

例えば、肌荒れで相談されてきたお客様に対しては、適したスキンケアやOTC薬を販売して差し上げたいものです。
そんな時に、実際に自分で使用していれば、「どんな効果があって、どんな肌状態の時に使用するのがベストであるか」を確認した上でお勧めすることが出来ます。

お肌のトラブルや、疲労感などは、特にお薬や医師を必要としないケースもあります。
そんな時にお客様の状態を確認して「スキンケア」や「疲労感」に必要な、化粧水や乳液・サプリメントを使用する事で、充分効果が現れる方もいらっしゃいます。
実際に薬剤師である自分で使用していれば、トラブルを回避できますが、稀にサンプルの中には、「使用した時に刺激を感じる」「湿疹ができてしまった」と言った事も出てきます。

自分自身が使用して、本当に良い物であれば、自信を持ってお勧めすることが出来ますが、説明書を読みながら勧められたサンプルでは、お客様も安心して使用する事が出来ません。

薬剤師自らが使用した上で、使用感や、改善具合を的確に説明してもらう事で、安心感が出ます。

せっかく無料で一足先に頂ける「サンプル」ですので、溜め込まずにマメに利用する事が、薬剤師のメリットであり販売においてのコツでもある訳です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜