HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師として働く > デメリット

デメリット

薬剤師として働く

独立して「薬局開業」をすると言う事は、良い事ばかりではありません。
当然「デメリット」も存在する事を念頭に置いて、独立を考える必要があります。

「薬局開業」のメリットとしては「年収が上がる」「定年が無い」「自分の理想の薬局が作れる」等があります。
しかし、それ以上に「デメリット」も存在します。

一つは「人間関係」です。
「門前薬局」の場合「勤務薬剤師」の時のような「上司」や「同僚」との人間関係だけでは無く、当然「医師」や「看護師」との付き合いもありますし、薬を卸す「メーカー」とのやりとりも出てきます。
また、薬局としての信用の為にも「患者様」やその「家族」そして地域住民の方の理解は非常に重要な要素であり、これらの方々に「どれだけ貢献できるか」と言う問題は、大手の「ドラッグストア」や「調剤薬局チェーン店」との「差別化」を図る為にも、必要不可欠なものである事を充分認識しておく必要があります。

更に「門前薬局」である場合、「総合病院」等の大きな病院はある程度安心ですが「医院」や「クリニック」の場合、その寿命にも左右されますので、ある程度周辺調査をしておく必要があります。
それに加えて、薬剤師の確保の面でも「個人薬局」の場合は難しく、多くの薬剤師が「ドラッグストア」や「調剤薬局チェーン店」へ流れてしまうのも現状です。

仕事の面では「勤務薬剤師」の場合と違って「経営者」としての「事務的な手続き」や「経営管理」等、薬剤師業務とは別の仕事も増えて行きます。

今後は、国の「医療費削減」等で「経営が厳しくなる」と予想もされていますので、ある程度先を見越した経営ビジョンを作成しておかなければならない等「経営者」だからこその悩みも増えていく事になります。

これらの「デメリット」を乗り越える事で、より安定した「薬局経営」が可能となります。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜