HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師として働く > 女性薬剤師のキャリアプラン

女性薬剤師のキャリアプラン

薬剤師として働く
iPadを見る女性

どの職種においても「女性の働き方」は永遠の課題であり、常に「キャリアプラン」をしっかりと立てて、実生活とのバランスを保つ事が、長く働き続ける為のコツでもあります。

女性が7割と言われる「薬剤師」と言う職業は、ある意味、他の職業よりも恵まれた環境にあり、「専門知識を生かし、多くの人に貢献出来る」やりがいのある仕事でもあります。

まずは、既婚・未婚を問わず、今後の「薬剤師としての自分」の「キャリアアップ」を明確にしておきましょう。
万一「結婚・出産・育児」と言う、避けては通れない時期に直面した時、または既にそういった状況の場合、それを理由に自分のやりたい事を諦めてしまうのは、自分にも周りにも、「決してプラスにはならない」と言う事を認識する必要があります。

せっかく難関を突破し、「薬剤師」と言う「国家資格」を取得しているのですから、今後の「キャリアプラン」を構築していくべきでしょう。

その一歩として「結婚・出産・育児」となった場合に「家庭とどう両立するか」と言う問題が出てきます。
当然独身時代よりも、家庭内の仕事が増える上に、育児もプラスされる事で、時間的な余裕は当然無くなるわけですが、この部分は、夫や家族とよく話し合って、「役割分担」を決める事が必要です。
その際には、「文書として残す」事で、洗濯・炊事・掃除・ゴミ捨て等、家庭内の仕事に対する意識も高まり、自発的に夫が協力できる環境を、整える事も大切です。

少しでも自分の時間や、気持ちに余裕が無くなるようであれば、自分のキャリアプランに近い職場への転職も、やむを得ないことかもしれません。
「時短勤務が出来る場所」「産休・育休が取得しやすい」等、希望は様々だと思われますが、時間のあるうちに、そういった事態を予測して、少しでも多くの「キャリア」や「スキル」を「積める職場」へ就職しておく事も、転職先の幅を広げる大切な要素でもあります。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜