HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師として働く > アルバイト

アルバイト

薬剤師として働く

一般的に主婦の短時間勤務を「パート」学生を「アルバイト」と呼ぶことが多いです。どちらも週4日・短時間など働き方が選べるのが最大のメリットです。

希望条件にあった求人がみつかる転職サイト

『リクナビ薬剤師』のおすすめポイント

  • 専任のキャリアアドバイザーが希望条件にあった求人を紹介
  • ・ここでしかみつからない非公開求人がたくさん
  • 最短3日でスピード転職

薬剤師アルバイトで求められる人材

「アルバイト」の場合求められている人材は基本「薬剤師資格を取得済み」の「大学院生」または「研究員」等です。

「院生」や大学研究室の「研究員」の場合、まとまった収入が無い為アルバイトをする人が多くなります。他の職種でアルバイトをするよりも「薬剤師」の資格を利用した方が高収入を得ることが可能だからです。

経験も積め、まさに一石二鳥というわけです。

薬局・病院・ドラッグストア等、働く場所によって時間帯は異なり、夜間は時給は高額になるのでこれもアルバイトの特典ですね。

>>地元で薬剤師の求人が見つかる転職サイト

『リクナビ薬剤師』をすすめる理由

  • 1人平均21件の求人紹介の実績
  • ・地域の薬局事情に詳しい専任コンサルタント
  • 求人先の雰囲気など聞きずらい情報もおまかせ

働き方が選べる薬剤師のアルバイト

薬剤師

子育てしている主婦は夕方16時までや、学生は夏休み中だけ働くなどの融通もききます。時給が高いので、短期やショートタイムでも生活の足しになります。

ただ、短期で働く場合は「調剤経験2年以上」が概ね求められてきます。 長期であれば、薬剤師なりたての「院生」であっても可能なところが多いです。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜