HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > ダブルワーク

ダブルワーク

転職・就職(事前準備)

薬剤師の「初任給」は、他の職業と比べて高額である事は知られていますが、その分「昇給率は少ない」事も事実です。

国公立病院や大手の病院などで勤務している場合は、ある程度の役職につく事で、それなりに昇給もしています。しかし、そのような場合はほんの一部の人に過ぎず、大半は昇給率の悪さから、やむを得ずダブルワークを始める薬剤師も少なくありません。

ダブルワークをする事で「スキルアップ」を目指す薬剤師もいらっしゃいます。
勿論、その根本には「収入」の面も大きく関連していますが「ドラッグストアでのOTCに関する知識」や、企業のMRで働く薬剤師に関しては「調剤経験を得る為」に行っている場合もあります。

「ダブルワーク」に関してそのものは、決して悪い事ではありません。
むしろ、薬剤師としての、より「深い知識」と「広い考え方」を身に付ける上で、副収入を得ながら効率よく勉強をする方法であると同時に、転職をせずに他業種において学ぶ事が出来ると言った点で、大きなメリットと言えるでしょう。

ただ「ダブルワーク」にはデメリットも存在します。
一つは体力的な部分です。
本業の勤務を終えて、または休日を利用して、と言う事が殆どなので、ゆっくり体を休める時間が必然的に減ってしまいます。
その為、本業において「ミス」や「集中力が無くなる」「業務に差し支える」と言った事になれば、本末転倒です。

更に「現在の職場でダブルワークを承認しているかどうか」も大きな問題となります。
もし禁止であるにも関わらず、隠れてダブルワークをしていた場合、最悪は本業の職場を退職せざるを得ない事も出てくるかもしれません。
特に「ドラッグストア」は、様々なお客様が、薬だけでは無く、生活用品や食料品も購入する為に足を運ぶことが多いため、同僚・上司だけでは無く、患者様にもお会いする事場合もありますので、これらに注意して検討する事が必要です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜