HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 資格 > サプリメントアドバイザー

サプリメントアドバイザー

資格

最近では「コンビニエンスストア」でも気軽に購入できるようになった「サプリメント」ですが、この「サプリメント」の効果や、飲むタイミングや、どんな時に必要なのかと言った正しい知識を持って購入している消費者は少ないと思います。

その為、病気療養中の方が処方された薬を飲まずにサプリメントだけで治療すると言う事は、適切な事ではありません。
現在患者様の中にも「今服用中の薬との飲み合わせについて心配」「薬意外にサプリメントを服用しても良いか」と言った相談が増えつつあります。

多くの人々は、「毎日を少しでも健康でありたい」「病気を少しでも早く治したい」と言う気持ちを持っているはずです。
その為にサプリメントに対する適切で安全な活用法をそれぞれの消費者に対して、栄養学の観点から有力な情報を提供する事が出来る医療従事者が必要になっているのです。

しかし実際は、「サプリメント」についての「詳しい情報や知識を持つ人材」は医師を始め、薬剤師・医療従事者の中にもいないのが現状です。
そこで医療従事者として、サプリメントの正しい知識・服用法等を適切にアドバイスできる人材が必要とされているのです。

2002年に「厚生労働省」は「保健機能食品等に係るアドバイザリースタッフの養成」についての「ガイドライン」を発表しました。
これらを受け、設立当初にはわずか、二十数団体だった養成事業所は「日本サプリメントアドバイザー認定機構」を筆頭に、数団体に集約される大きな組織へと変貌を遂げました。

NR・サプリメントアドバイザーの受験資格は日本臨床栄養協会の会員であること、医療従事者・またはそれに準ずる職業・学生であること、NR・サプリメントアドバイザー講座の受講を満たして初めて受験が可能となります。合格後は「NR・サプリメントアドバイザー」として認定されるのです。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜