HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 資格 > 妊婦・授乳婦専門薬剤師になるには

妊婦・授乳婦専門薬剤師になるには

資格
妊婦さん

妊婦や授乳中の女性は、自分が薬を服用する事で、胎児や乳幼児に「悪影響を及ぼすのではないか」と、服薬に関しては特に不安が強く、また注意する必要もあります。
こういった場合に必要とされるのが「妊婦・授乳婦専門薬剤師」です。

「妊婦・授乳婦専門薬剤師」の仕事は「情報提供」や「投薬」だけではありません。
薬によっては、胎児や乳児に悪影響が出る可能性も否定できません。
しかし、それよりも服薬をしない事で、母体や授乳婦の疾患を悪化させ、胎児や乳児にまで影響を及ぼす事も考えられます。
その為、処方される薬物療法によって、胎児や乳児にとってどの程度のリスクとメリットがあるかを、適切にわかりやすく説明する事が求められます。
仮に、その療法に対しての不安や抵抗がある場合においては、医師との協力により、その他の「納得できる適切な療法」を検討する事も大切な役割の一つでもあります。

通常行われている薬効に関する治験は「妊婦・授乳婦」非対象者である為、薬剤の効果・安全性の根拠とされるデータは非常に少なく、服薬に対する適切な情報提供は非常に困難とされています。
その為にも妊婦・授乳婦に対する「服薬の安全性」に関する専門的な知識と経験が必要とされるのです。

非常に高度な専門分野ではありますが、新しい命と、母子の健康を守る為にも、このような専門薬剤師の存在は必要不可欠であり、またやりがいのある資格とも言えます。

「妊婦・授乳婦専門薬剤師」の認定を受ける為には、まず「日本病院薬剤師会」における「妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師」の認定を受け、認定薬剤師になる必要があります。
認定後「学会発表・学術論文の発表」等の様々な条件を満す事で「妊婦・授乳婦専門薬剤師認定試験」を受験する事が可能です。
合格後は「妊婦・授乳婦専門薬剤師」の認定が受けられます。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜