HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 資格 > 救急認定薬剤師になるには

救急認定薬剤師になるには

資格

「救命救急センター」及び「ICU」などの救急医療の現場で必要とされる、薬物療法に関する「高度な知識・技術・倫理観」を備える事で、最適な「医療の提供」「国民の健康への貢献」を目的とする「認定薬剤師」が「救急認定薬剤師」です。

様々な「傷病・病態」に応じた「適切な薬物療法」と容態急変に対する「迅速な薬剤変更」が求められる状況下で、深刻化する「医師不足」が原因で「検査データ・バイタルサイン」等を診て「迅速な処方設計」対応していくのは非常に難しい事です。
その為、「薬を処方出来る薬剤師の知識」と「専門性」が必要とされるのです。

また「ルート設計」を行うには、1日複数回の「薬剤師」定期的な確認が必要です。
勿論「ルールのベース」となる投薬マニュアルは、医師が作成しますが、安全な投与を行う為にも薬剤師との連携が大変重要だと判断されています。

この「救急認定薬剤師制度」は平成23年度より「日本臨床救急医学会」において「日本病院薬剤師会」の協力を得て開始されました。

「緊急性・重症度」を判断し、治療の優先順位を決定・治療を行うのが「救急医療」です。
その為、確定診断がついていなくても「身体的損傷及び炎症」等によって「バイタルサイン」が大きく変動している時期から治療を始める必要性があります。

また、災害時において、救急医療の知識や技術を持ち、薬を専門的に扱える薬剤師は大きな戦力にも繋がります。

「病院・診療所勤務歴を5年以上(うち2年以上救急医療に従事)」「医療機関における救急医療に関する業務で患者の治療への参加が25例以上の症例を報告できる」「指定された学術集会・研究発表などにおいて、定められた単位数を履修している事」等、この他にも様々な条件が有りますので、それらを満たしている場合は「救急認定薬剤師」の認定を受ける事が出来ます。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜